ラスクの専門

ラスクの専門の店

パン屋はパンがメインではなく、ラスクがメイン説??

パン屋はパンがメインではなく、ラスクがメイン説??

私個人的は、最近のパン屋さんの利用が、パンの利用ではなくラスクの利用でしか行っておらず、パン屋さんにパンを買いに行くのではなく、この商品を買いにいって、美味しそうなパンがあればついでに購入するか。

という、本来の用途と違ったパン屋の使い方をしている自分に気づきまして・・。

毎日とまでは行きませんが、お酒を飲むときの最適なおつまみとして、週で2~3回はこれを食べていることもあるくらい、この商品を食べる率が高く、さらにイコールでそのパン屋さんをラスク屋さんとして認識していました。

しかし、最近ではオンラインでラスクを買えることを知り、また、パン屋以外にもこれを売っている所を発見してしまい、パン屋さん率が低下してしまいました。

他の店に買いに行くことは置いておいて、オンライン購入なのですが、パンや洋菓子で有名な店、しかも自分の家からは旅行にでも行かないと買えないような場所にある店の商品を購入できるので、とても便利なのです。

さらに、いろんな店を回ってラスクを買い、食べ比べをする。

という、めんどくさいこともしなくて、ネットで簡単に注文するだけで、いろんな店のラスクを食べ比べすることができるのです!オンラインショッピングが以外に便利ではまりそうな私でした。

ラスクの作り方!

ラスクの基本的な作り方として、オンラインの有名店から一般の人の料理投稿などいろいろな記事が紹介されてきましたが、おおよその基本はパンを輪切りにしてバターを塗ったり、シュガーを振ったりして、下味をつけてからオーブンで焼くと完成。

文章でかくと、そのように簡単に紹介されていましたが、実際作ってみると意外と簡単にできました!種類によっては、焦がしバターを先に作りだめしておいて、ラスク作成のときに使っていたりすることがあったり、たらこのラスクは振って下味をつけるのではなく、ただ乗せるだけ。

というものもありました。

また、食パン耳のように余ってしまう食材を使ってラスクを作り、経済的にも環境的にもやさしい仕上がりになっているものもありました。

もちろん味もとても美味しかったです!その際に私的には、オンラインで作られている商品を取り寄せて、その味を再現しようとしているレシピなどが気になりました。

ラスクの情報

そのレシピでは自分で研究して、さらには気に入ったオンラインショップのラスクを何度も取り寄せて、何度も実食して再現していました。

その再現度は90%に達するといっていました。

私もいつかそんなものを作ってみたいものです!

Comments are closed.